モノ

男性ミニマリストのワードローブ事情!制服化・定番化が一般的

ミニマリストの男性のイメージは、とにかく「モノが少ない」ことです。
ワードローブが10着~20着で、すべてだという人が多いのではないでしょうか。

どのようにしてミニマリストはこんなにも少ないワードローブで、生活を送ることを可能にしているのでしょうか。

一般的な疑問の「不便じゃないの?」「おしゃれに興味ないの?」っていう疑問や、どのようにワードローブを減らしているのかをお伝えします。

男性ミニマリストのワードローブの特徴

ミニマリストの男性の場合は、女性に比べてもワードローブが少ないのが特徴的です。

なぜワードローブが少ないのか?
・私服の制服化・定番化をしている
・毎日洗濯する
・シーズンごとの服しか持たない

私服の制服化・定番化をしている

ミニマリストの服の特徴といえば、私服の制服化・定番化をしていることです。
夏ならお気に入りのTシャツを4~5枚揃えて、同じコーディネートを着回すことです。

例えばイメージしやすい人でいえば、Appleのスティーブ・ジョブズや、Facebookのマーク・ザッカーバーグでしょう。また最近でいえば元ホストのローランドさんもそうです、高そうなジャケットを着てますが肌着のタンクトップはユニクロで定番化しています。

ただ、毎日同じ服を着回すのはハードルが高いですが、TPOに合わせてお気に入りセットアップを用意して、定番化しておく方法などをすれば、ワードローブは自然と少なくなります。

毎日洗濯する

洗濯乾燥機を使えば、服はすぐに着回すことができます。干す手間もないし、約一時間もすればすぐに着れる状態になります。

だから、ワードローブが少ないことにミニマリストは不便さをあまり感じることがありません。

シーズンごとの服しか持たない

instagram-image

key_0106_

またミニマリストの中には、シーズンごとの服の見直して買い換えるスタイルの人もいます。
ですので夏に不要な冬服を持たないといった感じで、ワードローブの数を減らすことができます。

男性ミニマリストの服への考え方とワードローブ

ミニマリストの男性が「おしゃれじゃない」って思うことは、少ないのではないでしょうか。

ミニマリスト全体にいえることが、服がシンプルなことです。無地であったり、ボーダーであったりとシンプルなデザインを好むのは、TPOを選ばす着れるのがいいからです。

またワードローブが少ないってことは、服一つ一つにかけられる予算があがります。
そうなれば「あれがほしいけど、高いからこれにしとこう」と服を買うときに諦めることが減ります。

例えばワードローブにもパレートの法則ってのはあてはまり、ワードローブが多い人でも全体の2割程度の服で回していることが多いのです。
一軍の服だけを取り揃えば、必然的にワードローブは減ります。

男性ミニマリストは流行を追わない

instagram-image

minimalist_sss

ワードローブが増えるのは、流行を追うからではないでしょうか。男性ミニマリストは流行は追わず、スタイルを作ることを重要視しています。

逆にいえば流行を追う場合は、結果的にワードローブが増えてしまう傾向があります。
また流行は入れ替わりが激しく、物欲がわきやすい原因にもなります。

反対にスタイルを作ってしまえば流行に流されることがなく、ミニマリストな生活が送れます。

男性ミニマリストのワードローブが制服化している

制服化してしまって「飽きないのか」ファッションが好きな人にとって大きな疑問ではないでしょうか。

まだまだ私服の制服化する人は少数派なので、理解されないことが多いのではないでしょうか。
ミニマリストの男性の人はファッションには興味がなくなっているの傾向があり、「着れれば何でもいい」と思う人も多いですが、基本的に好きなブランドの服をきています。

好きなブランドの一番好きなデザインの服を毎日着ることは、「飽きない」といいます。

また一番のメリットは、コーディネートに割く時間をなくすことができます。
毎日出かけるときにコーディネートを考える事は、実は時間と労力がかなりかかるのです。

また制服化すれば、それが最大の個性としてみてもらうこともできます。

ワードローブを減らすメリットとデメリット

instagram-image

a24.ishida

ミニマリストのようにワードローブを減らすメリットとデメリットとはなんでしょうか。

メリット
・お金・時間の節約
・続ければ個性になる
・一つの洋服にかけられる予算が増える
・印象つけやすい
・思い切った変化ができる(着倒してシーズンごとにワードローブを断捨離)
・クローゼットが必要ない

デメリット
・「毎日同じ服きてるねって」ツッコまれる
・ TPOに合わせずらい

部屋にクローゼットがなくてもつっかえ棒でアレンジ

部屋タイプによりますが、ミニマリストの男性がよく生活しているワンルームの部屋にはクローゼットがないことが多いです。
そのため、つっかえ棒などを活用して、部屋の中にワードローブを作っています。

クローゼットは場所をとる家具でもあり、引越すとなれば移動もかなり大変になります。
男性ミニマリストのようにワードローブが少ないと、引っ越しも簡単になります。

まとめ

男性ミニマリストのワードローブの少なさに驚くこともありますが、好きな服を着ているのでおしゃれにみえます。

特に男性の場合は服にこだわらなくても女性と違い、周りの目をあまり気にする必要もありません。
ワードローブが減るとTPOに対応しにくくなりますが、シンプルな服を選べば気にすることもありません。

冠婚葬祭などで必要となる服は使う頻度も少なく、現在ではレンタルなどシェアリングのサービスがたくさんあります。

このようなサービスを利用すれば、ワードローブを自宅に持つ必要性も少なくなります。

ミニマリストのようにワードローブを減らしても実際には、ほとんど影響はないので興味のある人は是非ともチャレンジしてみてください。

 

ミニマリストおすすめサービス①【収納サービス】サマリーポケット

ミニマリストの第一歩におすすめのサービス!
いきなり断捨離するのではなく、

まずは家にある不要かな?

と思うものを外部に預けてしまいましょう。
ヒルナンデスでも紹介されて話題に!

サマリーポケットの公式サイトはこちら

月額250円~なので気軽にお試し
スマホで預けたものをいつでも確認可能
プロ仕様の保管環境
必要になったら最短翌日配達

さらに預けてみて、不要だなと思ったときはそのまま売却に出すことができるので一石二鳥!

\今なら最大4か月分保管量無料/

ミニマリストおすすめサービス②【家具・家電レンタルサービス】CLAS(クラス)

モノをもたない生活に強い味方、今までなかった家具・家電のレンタル。
初期費用を抑えられて、長期利用の場合は特別割引きもあり使い勝手の良いサービスです。

家具・家電レンタル「CLAS」の公式サイトはこちら

所費費用0円、月々400円~のお手軽さ
汚れても、壊れても安心
いつでも無償交換(1年以上のレンタル条件)
不要な家具は引き取ってくれる

AmazonPrimeで近年話題の「バチェラー」その初代である久保さんが代表を務める会社のサービスです。さすがですね、、

\今なら会員登録で1,000円分のポイント/

Copyright© MINIMALIAN , 2020 All Rights Reserved.